top of page
  • 執筆者の写真林登

令和5年6月定例会で1議案に反対しました/2期で自民系の私が議案に初めて反対した理由

こんにちは。

小矢部市議会 2期の林登です。


1期の途中から、自民党に入り、いわゆる自民系議員では、あります。 いわゆる自民系議員が当局の議案に反対するというのは、小矢部市議会では異例のことです。しかし、市民から付託を受けた身であり、良心に問いかけた結果の行動です。形だけのなぁなぁ議会には、させません。



議案第40号 議案名「クロスランドおやべ条例の一部改正について」この議案について反対の立場から討論をいたします。会派未来共創の嶋田議員、中田議員、白井議員の各議員も反対の立場でありますが、私が代表をして、議案第40号に反対する理由を述べさせて頂きます。

初めに、6月26日14時から開催されました民生文教常任委員会における議案説明及び質疑の中において、クロスランドタワーの利用料金の改正案に対する納得のいく説明がなされなかったことであります。

 クロスランドタワーの利用料金について、現行一般高校生以上は430円のものを500円に、小学生・中学生は210円を250円に、3歳以上の幼児は110円から130円へと、令和6年4月から値上げをしようとする議案でありますが、その料金値上げ額の根拠が不明瞭であります。小中学生の40円や3歳以上の20円の値上げは、どういう方針で、どういう基準で、どのような積算根拠から導き出されたのか、委員会で当局に説明を求めました。

 当局の説明では、他の施設などはコスト計算をもとに料金等の見直しを実施している中で、クロスランドおやべのタワー利用料金は、コスト計算ではなく、物価の高騰によるものでもなく、近傍類似施設の料金を参考に料金を値上げする改正案を策定した、というのであります。

 では、クロスランドタワーの近傍類似施設とは、どこなのかと、質問をすると、岐阜県一宮市にある「ツインアーチ138」であるといいます。その料金を確認すると、15歳以上の大人の料金こそ、改正案にある500円でありますが、6歳以上15歳未満の小中学生にあたる年齢の方は200円であり、クロスランドタワーの現行料金よりも安いにもかかわらず、今回は210円の料金を250円まで40円の値上げをするというのであります。さらに、クロスランドタワーが3歳以上の幼児の利用料金を110円から130円へ20円値上げしようとする中で、「ツインアーチ138」は、5歳以下が無料であります。委員会の中でも再度、このことを踏まえて、改正案の料金についてその根拠の説明を求めると、当初と同じようにあくまで近傍類似施設の料金を参考にしたとの説明をされました。物価高騰や施設の維持費を考えれば、値上げは必要だと考えますが、料金の値上げ額に対するその根拠が分かりませんでした。近傍類似施設を参考にするならば、幼児は無料でも良いのではないか、とすら感じました。

 改めて、近傍類似施設を調べてみました。委員会の質疑の中で、近傍類似施設の中でも、行政が維持管理するものを参考にしたと言われておりましたので、行政が維持管理する近傍類似施設を中心に調べました。

まず、富山市にあります、高さ70メートルの市役所展望塔は無料であります。さらに、魚津市にあります、高さ46メートルのありそドーム展望塔も無料であります。県民公園太閤山ランドの展望塔は、車で行けば駐車場料金はかかりますが、こちらも利用料金は無料です。高さ32メートルと低いですが、展望台の標高は92メートルでクロスランドタワーの100メートルと比べると類似していると言えます。

隣の石川県でいえば、石川県庁19階展望ロビーは地上約80メートルですが料金は無料です。

新潟県が所有する朱鷺メッセ内にある「Befco(ベフコ)ばかうけ展望室」は高さ125メートルですが、料金は無料です。

 誤解しないで頂きたいのですが、クロスランドタワーの利用料金を無料にすべきだと言っている訳ではありません。当局の説明にあった近傍類似施設を参考にしたという説明に齟齬があると言いたいのです。

私たちは、市民のために議員を志し、市民のために議案を調査し、審議に臨んでまいりました。今まで、これほど当局の説明と議案内容が食い違うことはありませんでした。議員として議決した内容について市民から説明を求められれば、説明をする責任もあります。市民に説明ができない議案に賛成は出来ません。


 さらに、料金の見直しの中に、方向性が見えませんでした。例えば、電気代のコストが10%上がった為に、持続可能な施設維持管理を目的として10%の値上げをする、などの明確な基準、方向性があれば分かりやすいのですが、タワー料金の値上げに関して、それはありませんでした。例えば、あったか子育て日本一を目指すのであれば、子どもの負担を軽減する方向で見直すなどの方向性があっても良いと思いますし、例えば、市民の市への愛着をより高めるために市民にもっとタワーを利用してもらおう、そのために市民は無料にして、市外の方からしっかり受益者負担として、コスト計算をした上で料金に見合った金額を値上げをするなど、そういった明確な方向性についてもありませんでした。あくまで、市全体の公共施設の利用料金等の見直しの中で、機械的に値上げをしようとしていると受け止めざるを得ません。施設ごとに意味合いや目的が違い、その施設ごとの課題や戦略も異なってくると思います。小矢部市のシンボルでもあるクロスランドタワーでありますから、しっかり、納得のいくまで議論を尽くすべきであります。

 

 また、時間がない訳ではありません。3月定例会で条例の一部改正などにより料金改定をした施設は10月からと約6ヶ月の周知期間を設けておりました。今回は、来年の4月からの料金改定を想定していますので、まだ9ヶ月ほどあります。次の9月定例会の中で、再度議案として当局に上程頂き、内容を再度審議するべきでだと考えます。


 最後にまとめますと、クロスランドタワーの利用料金について近傍類似施設を参考にしたという議案説明にも関わらず、小中学生の料金や3歳以上の料金を値上げすることに齟齬があると考えること、その改正料金額の策定に至った明確な理由が説明頂けず、市民に説明ができないこと、緊急を要する条例の一部改正ではないこと、以上3点の理由から、議案第40号に反対をいたします。


以上です。


--------------------------------------------------


LINE公式アカウント https://lin.ee/Sd7Aryg





---------------------------------------------------


みなさんの声聞かせてください。


林登へのメッセージを募集しています。


info@hayasinoboru.net までメールください。


気軽に要望・質問・疑問なんでも大丈夫です! !


Comments


bottom of page